本文へスキップ

水戸市の不妊漢方・カウンセリング

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.029-248-6211

〒310-0842 茨城県水戸市けやき台3-27-3




パーキンソン病

パーキンソン病とは

パーキンソン病は、中脳の黒質ドパミン性神経細胞が変性して、神経伝達物質であるドパミンが減少し、相対的にアセチルコリンが増加する事で錐体外路症状を示す進行性の病気です。なぜこの病気が起こるかは、まだはっきり解かっていません。遺伝はまれですが、近年、分子生物学の発展により遺伝子レベルの研究が進んでいます。
50歳以降に発症する事が多く、いくつかの特徴的症状がみられます。
・手足が震える
・筋肉がこわばる
・動作が遅くなる
・歩きづらくなる(転びやすくなる)
・表情が乏しくなる
・認知機能障害、精神症状なども伴いやすい
徐々に症状が進行する為、いつ始まったのか本人も気づかない事が多く、経過も長いです。
中年以降の発症が多く、高齢になるほどその割合が増えます。人口10万人あたり100人以上はいるとされています。高齢社会において、脳の病気ではアルツハイマー病に次いで身近な疾患となっています。
西洋医学の治療では
・レボドパ
・MAO阻害薬
・ドパミンアゴニスト
・抗コリン薬
などがHoehn and Yahr の重症度分類などを参考に使用されています。尚、確立されたものはありません。パーキンソン病の治療は、脳血管障害性パーキンソニズムなどと鑑別診断をする必要があります。そのためには、頭部MRIなどで病態の確認をします。(神経内科の専門領域です)


パーキンソン病の漢方治療

症状に応じて、各種漢方で対応します。また、これはどんな病気でも共通ですが、単に「病名」や体表面に現れている症状を緩和するだけではなく、体質を見極め、如何に乱れているバランスを戻して行くのかが重要になります。進行性の病気で難病ですので、速効性を期待するのではなく、QOL(Quality of life)の向上を目的に、ゆっくりとアプローチして行くのが良いと考えます。

・当店の漢方は、病院のお薬との併用も可能です。
・内容はお客様の症状に応じて変わります。
・詳細は、ご相談ください。




      写真






水戸南薬局

〒310-0842
茨城県水戸市けやき台3-27-3
TEL 029-248-6211
受付 9:30〜18:30
定休日 木・日・祝祭日
 





水戸南薬局公式facebookページ

子宝カウンセラーの会

漢方体験.com

パーキンソン病