本文へスキップ

水戸市の不妊漢方・カウンセリング

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.029-248-6211

〒310-0842 茨城県水戸市けやき台3-27-3




湿疹・アトピー性皮膚炎

湿疹・アトピー性皮膚炎でお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんからお年寄りまで、

よくなったり悪くなったりをくり返しながら長期間続く皮膚炎で、

症状は痒みのある湿疹が中心です。

世界的に研究されていますが、まだ、原因ははっきりとはわかっていません。

それ故、西洋医学的な治療は、抗ヒスタミン剤・ステロイド剤等を用いた対症療法が中心です。

ステロイド剤は炎症がひどい時は必要ですが、長期間使用を続けるとシミができたり

急に中止すると、リバウンドの心配もあります。

症状を悪化させる要因としては、ストレス・食生活の欧米化・生活のリズムの乱れが考えられます。

これらを日々の生活の中から完全に排除することは困難です。

その為、なかなか症状が良くならない、再発を繰り返すという方も多いようです。

一方、漢方(東洋医学)の捉え方ですが、

アトピーの方は、五臓(内臓の相関関係:人体の生理機能そのものを表す)の中で、

脾・肺・腎(下図参照)の働きやバランスが乱れている事が多いです。

つまり、皮膚(体の外側)に症状が出ているのだけれども、

実は、病気の本質は内臓機能(体の内側)の乱れにあるという事です。

古来「皮膚は内臓の鏡」と言われています。

漢方は、体の内側に働き掛けて体全体のバランスを良くします。

その結果、内臓が丈夫になり全身の皮膚も丈夫になります

また、免疫力が高まるので、再発しにくくなります。これを本治(根本療法)といいます。

標治(対症療法)と組み合わせるとより効果的です。

勿論、漢方薬だけではなく、その方に合った養生(食事・生活習慣の改善・ストレスの緩和など)も

大切です。

五臓の相関
●脾とは、食物の消化・血の維持などの働きをする臓器です。
●肺とは、呼吸・全身の気のめぐりや水液の散布運行を調節
 する臓器です。皮膚や鼻も関連しています。
●腎とは、生命活動の根本で、水の代謝・生殖・免疫・耳等
 と関連しています。
(東洋医学の捉え方です。一部わかりやすく表現しています)

□ 肌のトラブルで悩んでいる

□ 今の治療に不安を感じている

□ ステロイド剤に頼りたくない

□ 漢方で体質改善をしてみたい


お1人で悩まず、一度ご相談ください

ご相談のご予約はこちら ☎ 029-248-6211


その他のアレルギー性疾患

花粉症

アレルギー性鼻炎

アレルギー性気管支喘息


本治(根本療法)による体質改善は、漢方の得意分野です。
標治(対症療法)と二段構えで行います。
詳細は、ご相談下さい。


      写真








水戸南薬局

〒310-0842
茨城県水戸市けやき台3-27-3
TEL 029-248-6211
受付 9:30~18:30
定休日 木・日・祝祭日
 





水戸南薬局公式facebookページ

子宝カウンセラーの会

漢方体験.com

パーキンソン病