写真:不妊や漢方、健康の話題満載のブログです

ブログ

記事一覧

40代の妊活事情


最近、ご来局のお客様から、

「43歳になったら、病院で体外受精(採卵)を断られてしまって困惑しています。でも、もう少し妊活を続けたい、何とかならないでしょうか?」

というお話を伺いました。


カウンセリングしてみると、

お客様は、今までたくさん悩んで勉強して経験して、

年齢による妊娠することの難しさ・流産の怖さ・病院の薬による体調不良・命がけの出産・など…

十分理解している。

それでも、少しでも望みがあるなら頑張ってみたいとの事でした。

私は、その病院がたまたまそうだったのかなと思いました。

後日、複数のお客様から同様のお話を伺い、

複数の産婦人科で、体外受精(特に採卵する事)を、

43歳という年齢で線引きしているらしいと言う事が分かりました。

そして調べてみると、どうやらこの年齢による線引きは、全国的な流れのようです。(あくまで個人的な感想です)


確かに、統計的には妊娠が難しくなってくる年齢かもしれません。

卵子の老化の問題や医学的なリスクを回避する意味合いもあると思われます。

ただ、個人差がありますので、43歳でも不妊治療で妊娠、そして無事出産に至るケースもあるようです。


「子供を産みたい」と強く思っているのに、年齢が理由で不妊治療を受けられないなんて、

とても理不尽に感じます。




現在、日本は少子化に拍車が掛かっています。

そんな中で、子供を産みたいと思う事は、尊い事だと思います。

もし、病院で年齢を理由に不妊治療を断られたら

「漢方で体質改善しながら、ご夫婦でタイミングを取り自然妊娠を目指す道」もあります。

もし、ご興味がございましたらご相談ください。




2019年10月21日カテゴリー:妊活
» 続きを読む