板藍のど飴、いいですよ

この前、ご来局のお客様から、

「あーっ、これ売ってるんですね。東京でしか手に入らないと思ってました」

と言われたので、当ブログでご紹介します。

読み方は、ばんらん のどアメ です。

その原料は、【板藍根】という名前の生薬です。

アブラナ科、ホソバタイセイの根で

教科書には、「清熱解毒」の作用があり、高熱や熱からくる喉の腫れなどに用いると、書いてあります。

中国では、その抗ウィルス作用や消炎作用から風邪薬に配合されたり、

学校などで子供たちの喉に板藍根の煎じ液をスプレーしたりする事もあるそうです。

日本では、アメやお茶として販売されています。

以前当店では、受験生のお母さん方がまとめ買いをされて品切れ、なんて事もありました。

板藍根エキスにハーブを加え、やさしいレモン味のどこか懐かしい味の、のど飴です。

風邪の季節におすすめです。

2018年11月19日|カテゴリー:漢方