妊活、漢方で出来る事とは?

写真:妊活をして可愛い赤ちゃんを授かりましょう


まず初めに、病院の不妊治療は何をするのか簡単にまとめます。

①検査をして不妊の原因を探ります。
血中ホルモン検査・抗精子抗体検査・抗クラミジア抗体検査などの血液検査や ヒューナー検査・子宮頚管粘液検査・精液検査・卵管通気・通水検査・子宮卵管造影など。

これらの検査をしても、なかなか原因がハッキリしないケースも多いです。

②一般不妊治療からスタート、高度不妊治療へステップアップして行きます。
検査を踏まえて原因を究明しながら、タイミング→人工授精→体外受精・顕微授精へと治療が進みます。不妊の原因によっては一足飛びに体外受精を勧められることもあるようです。

③体外受精(IVF)や顕微授精(Icsi)
高度不妊治療と言われる治療法です。体の外に卵子を取り出して精子と受精させて受精卵を作る医療技術です。

「如何にしてより良い受精卵を作るか」これが最も重要なテーマです。
排卵誘発治療(ショート法など)や授精を成立させる為の技術開発など、各医療機関がしのぎを削って取り組んでいます。

例えば、顕微授精の際、卵子の膜に穴を空けて精子を注入するのですが、パルスを用いて従来よりも卵子に影響を与えない様にしながら精子と受精させる技術(Piezo Icsi)や 、

従来よりも高倍率の顕微鏡で精子の頭部の状態などをより詳細に観察し、より良い形態の精子を顕微授精に用いる治療方法(IMSI)など です。

④ 受精卵を子宮に戻して育てる
より良い受精卵が出来たら、それを体内の子宮に戻し育みます。

その際、戻すタイミングがずれていないか内膜の遺伝子を検査して調べる子宮内膜受容能検査-ERA や、最近は子宮内膜の環境(常在菌のバランス)を検査する子宮内フローラ検査を実施する施設もあります。

また、以前からある不育症の検査:抗リン脂質抗体・凝固第12因子などに加えて、自己抗体異常や染色体異常を調べることも出来ます。

⑤流産を繰り返す場合
形態的にグレードの高い(例えば5AA)受精卵を戻しても、着床しなかったり流産を繰り返してしまうケースがあります。

技術的には、受精卵の染色体(遺伝情報の本体)数を調べる事が出来るようになりました。(PGS・PGD:実施には条件がありますし全ての医療機関で受けられる訳ではありません)これにより、染色体正常卵を選択的に子宮に戻す事も可能です。流産を減らして母体を守ることに役立つと思います。

またPGSにより、形態的グレードの高い受精卵が必ずしも染色体正常卵とは限らない事が分かってきました。「良いグレードの受精卵を戻したのにかすりもしなかった」と落胆された経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。実際には染色体異常が要因であったかもしれません。

逆に、グレードが低い受精卵でも無事出産まで至る例もあるそうです。あるいは、外国において、移植前にPGSをして染色体正常卵だけを選択的に子宮に戻す方法もあるそうですが、それでも必ず妊娠するとは限らない様です。

まだ人知では分からない事もたくさんあるのです。

現状では、選択的に染色体数が正常な受精卵だけを人の医療技術で作り出す事は出来ません。ですから、よい卵と巡り会うまで淡々と治療を繰り返す事になります。 また、最先端の西洋医学でも臨床的には未だに老化をストップさせる事もできません。

改めて「いろいろな条件が奇跡的に重なって赤ちゃんに出会えるんだ」「妊娠は神秘的」と感じます。

イラスト:可愛い赤ちゃん


ここからが今日の本題です。(前置きが長くてスミマセン(_ _) )

毎日子宝相談をさせて頂いて思う事がいろいろあります。

まず病院ですが、時間の無駄遣いをしないために「なかなか授からない」と思ったら、 ご夫婦で一度基本的なメディカルチェックを受けるのは良いと思います。最近は実は原因はご主人だったなんてこともありますので…

その結果を踏まえて、これからの妊活をどうするか考えれば良いと思います。 ご希望やご年齢によって異なりますので、よろしければ当店のカウンセリング時にご相談ください。

さて、先ほど述べましたが、染色体(遺伝子)を調べて体外受精や顕微授精をしたからといって、必ず子宝に恵まれるとは限りません。

ただ、必要なケースもありますし体外受精にトライしてみるのも良いと思います。費用は個人差があるものの、高級外車1台分ぐらい費やしたという方もいます。それでも結果が出ずに途中で治療を断念するケースも…

残念ながら、病院の高度不妊治療は進歩はしていますが、魔法の技術ではありません。

いろいろな事を知れば知るほど、疑問に思ってしまいます。妊娠とはそんなに複雑で物理の方程式を解くように難しいのかと…

もっとシンプルに考えられないでしょうか?

人間は工学的な精密機械ではありません。自然界の一部であり、いろいろな可能性を秘めた有機生命体です。

生命体である人には、産まれながらにして子孫繁栄(妊娠)する力が備わっています。この内なる力(能力)をもっと高められないでしょうか?

妊娠が未だに人知を越えた所にあるなら、視点を変えて西洋医学的には解明されていない漢方(東洋医学)を試してみるのも良いと思います。

漢方には西洋医学とは異なる理論体系があります。例えば、「気」や「経絡」、現代科学では解明されていませんが、何千年も前から伝承されています。

人々がその臨床効果や秘められた力を感じているからこそ、これだけ長きにわたって続いているのだと想います。

イラスト:漢方薬の桂皮


妊娠にも漢方の力を借りたら如何でしょうか?

漢方を用いて体の内側(臓器)のバランスを整える事で、新陳代謝や免疫力が強化され生命エネルギー高まります。

また、 漢方のデトックス効果により体のサビやヘドロのようなつまりが取れて、体の環境が改善します。

結果として、全身の気(エネルギー)・血・水の巡りが良くなり、心身ともに生き生きと活力がみなぎります。体全体が良くなる事で、内なる子孫繁栄する力が高まると考えます。

心も身体も元気になり、潜在能力をパワーアップして妊娠のチャンスに備える。これが漢方で出来る事です。

それと、赤ちゃんに恵まれることはゴールではありません。

むしろ、そこからがスタートです。 未来のママもパパもご自身の体調を万全にして子育てに励まなければなりません。 その意味でも、漢方がお役に立つと思います。

長いブログを最後までお読み頂きありがとうございました。<(_ _)>

 

2018年09月17日|カテゴリー:妊活