温灸器って、ご存知ですか?

                  図:子宝に恵まれるツボ(妊娠三穴にんしんさんけつ

温灸というと、「お灸のことか」とイメージされるかも知れませんが、ちょっと違います。

お灸はモグサを固めて火をつけて肌に直接のせますが、温灸は機器の中でモグサを燃やしてその熱を間接的に体に伝えます。

ですから、初めての方でも火傷をしたりせずに安全に取り扱えます。

ツボを刺激して治療効果を得るという点ではどちらも同じです。

温灸で、例えば命の源が宿る「妊娠三穴」という子宝のツボ(上の図)を温めると、

黄体ホルモンが増えたり、子宮の血流が良くなります。

また、体を温め生命力を補う働きがありますので、疲労回復にも最適です。毎日30分ご自分でなさるといいですよ。

頭痛を改善したり、寝付きをよくするツボもあります。店頭でご紹介致しますので、ご興味がございましたらカウンセリング時にお申し出ください。

漢方の考え方では、外から内から治療すると効果が高まると考えられています。

漢方薬に加えて温灸も用いて「妊娠しやすい身体作り」をなさる事をおすすめします。



当店で販売している温灸器です。

ほっこり あったか

あつくなりません

2018年09月26日|カテゴリー:妊活